株式会社ワンライフは、群馬県にある就労支援施設と児童発達支援施設を運営する企業です。利用者の方から、社会生活を送る上での良きアドバイザーとして信頼されています。

ここでは、株式会社ワンライフの企業活動などを中心に紹介します。

株式会社ワンライフの概要

群馬県に活動の拠点がある株式会社ワンライフは、2014年に立ち上がった就労支援施設や児童発達支援施設から始まった、障がいのある方をサポートするための施設となっています。子どもから大人の障がい者の方を対象に、障害福祉のサービスを展開する企業です。

障がいを持つ方を総合的な支援をするために、法律に則り。障がい福祉サービスの事業や児童福祉法に基づいて障害児支援事業を行っています。5つの就労支援施設、3つの児童発達支援施設と1つの放課後等デイサービスの施設、1つの生活介護に関する施設、2つの相談支援施設を有しています。広く大きく支援施設を展開しています。特に、児童発達支援施設と放課後等デイサービスの施設では、子どもの成長と発達に大きな影響を持っています。

▼株式会社ワンライフの公式アカウントページ
株式会社ワンライフ – Facebook

独特な就労支援施設

就労支援施設といえば、農作業をしたりパンやクッキーを焼いて販売をしたり、軽度の手作業をしたりする施設が一般的ではないでしょうか。ワンライフの支援施設では、少し独特なものがあります。新しい形の就労支援施設として、映像の制作や編集を担当する施設です。

興味があれば始められて、PCの操作法が分からない場合には、スタッフに質問しながら教材等を活用して自学学習で操作方法を学び取ることを基本としていますが、スタッフに丁寧に指導を受けることも可能です。編集や映像の撮影など、仕事としての即戦力となれるように、カリキュラムが準備されています。映像制作の工程での作業を受注することもできて、作業対応を工賃として受け取ることができます。自分で何かを学んでいきたいという利用者に好評のシステムだといえます。

基本的には、通所は自分自身で行うようにお願いしていますが、相談可能です。送迎の利用を受けることになった場合は、指定する場所から送迎お対応を受けることになります。交通に不安を感じる方にも嬉しいサポートとなっています。

利用者の声

「こちらの事業支援施設へ通って作業をされる方からは、やりがいを感じている、農業の作業をしていますが、苗が成長することなどを感じ取りながら、日々の作業を楽しんでやっています。育てた農作物を出荷する時には、やりがいを感じることが多いです。」

「人との関わりが苦手でしたが、色々な面から人と関わりを持ってできるようになってきました。今は、この事業支援が生活の一部となっていますので、なくてはならない存在です。」

といったように、今までの生活との違いや作業に対するやりがいを感じて、喜びを感じるといったことが語られています。このように、利用する方がやりがいを持てるような施設の開所をすることができ、株式会社ワンライフという企業も成長して、利用する方や地域の方からも頼りになる存在となることでしょう。